会社沿革

1946年、終戦の翌年で東京がまだ空襲の痕を色濃く残している時期に、国分電機の歴史はスタートしました。そこには、 「これからの日本を復興するには、絶対に“電気”が必要になる。その手助けをしたい」という創業者の熱い思いがありました。

それから今日までに培ってきた、長年の信頼と実績、そして蓄積されたノウハウを基に、これからもお客様と共に堅実な成長と発展を続けていきたいと思います。

  • 1946年4月配電盤の製造を始める
  • 1948年7月商号を株式会社國分電機製作所として法人設立
  • 1974年2月鹿児島県に鹿児島工場ならびに鹿児島営業所を開設
  • 1981年3月福岡県に福岡営業所を開設
  • 1982年4月建設業許可(電気工事業)を取得
  • 1988年6月商号を株式会社国分電機に変更 本社工場機能を茨城県に移転、拡張
  • 1990年3月茨城工場内に茨城営業所を併設
  • 1996年2月国際環境管理規格ISO 14001 認証取得
  • 1999年8月国際品質管理規格ISO 9001 認証取得
  • 2007年12月NPS研究会正式入会
  • 2010年11月井上電気工事㈱、三ツ矢総合リース㈱2社の経営権を取得